本文へスキップ

個別塾改進ゼミ数学館 |館林市の中学高校の個別学習塾です

TEL. 0276-73-4167

〒374-0016 群馬県館林市松原1-7-1

sitemap

館林の個別指導で成績UP!ていねいでわかりやすい改進ゼミ数学館

改進ゼミ数学館は、数学英語理科の理系科目を専門とする館林の個別学習塾です。

勉強する意味は問題を解決する力をつけること


表現の大切さ 


クマに出会ったときに「食事を持ってくるけど何か食べたいものありますか」
と伝えることが出来て相手も理解してくれるのならば怖いことはありません。

相手に気持ちを伝えたり表現するにはいくつか方法があります。
しぐさ、目の動き、表情、言葉などです。
人間で一番大切なのは言葉だと思います。しかし思っているだけでは伝わりません。

伝えることは勉強の中で上達することが出来ます。
記述、証明、作図などです。
伝えて、内容を分かってもらえたら今度は相手の考えも理解しないといけません。その練習が文章問題や読解です。
相手説明、気持ちなど要点を捕まえて考えを把握することが上手になります。


苦手なのではなくやっていないだけ


人前で話すのが苦手だという人は多いです。しかし苦手なのではなくやっていないだけです。機会があっても避けてしまっています。練習していないだけで誰でもできるようになります。

勉強もそうです。
苦手な科目は触りたくないから苦手なままです。
学校の期末試験や入試など、追い詰められないと動けないので思ったような結果が得られないのです。

  • 多くの塾の中から当塾ホームページをご覧いただきありがとうございます

    「頑張っているのに成績が上がらない」
    「数学英語を出来るようにしたい」
    「館林市の学習塾が初めて」

    といったご家庭の悩みにお答えしていくための学習塾です。
    このホームページでは館林市内で塾をお探しの皆様にご質問をお答えするように細かくていねいに説明させていただいております。
    もしわからない点がございましたら、お電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。
  • 中学1年生 中学2年生 数学英語スタンダードコース

    中1中2 先着5名
    塾の月謝 9,000円[税込]
    学習時間 毎週70分授業が2回
    入塾費 0円[税込]
    年間教材費
    2,000円[税込]
  • 中学1年生はこちら    中学2年生はこちら

塾での数学と英語の進め方

生徒に合わせて大きく2通り行っています。
1.学校の2週間先を進める
2.前年、前学期の重要部分の復習

1.館林市の教科書と同じ内容を塾でも進める

まず初めに動画やホワイトボードでの解説により、館林市の学校の数学や英語の教科書と同じ内容をきっちり解説してます。
そうすることで学校の授業がよりわかりやすくなり勉強に安心感が出てきます。
そのあとに塾専用のテキストで、その内容の演習問題を解いてもらいます。
学校の試験の対策にもなりますし、受験勉強にもなっています。
基礎と応用が身につくので、学校のワークを解く時間の短縮にもなります。

テストの2週間前はテスト対策を行います。
目標点を設定して、その点を取るには何を勉強したらよいかを考えます。
試験範囲の内容を基礎から応用まで解いてもらい、出来るところと苦手なところを前もって把握します。そうすると、どこを学びなおしたらよいかが分かり、テスト勉強をしやすくなります。


2.出来ない部分の復習授業

「どうしても英語が苦手、数学ができなくて、学校の授業についていけない」という生徒がいると思います。
しかし塾についていけるかを心配する必要はありません。
無料体験授業で問題を解いてもらい、どの学年のどこの部分が苦手なのかを見つけ出して、そこを復習していきます。
復習するには順序と量の調節が大切です。
順序を間違えると、身につかなくなってしまいます。
また量が多すぎると生徒は、道のりが長いと感じてしまい嫌になってしまいます。

適切な量と確実なピンポイント指導で復習を完了させます。そして学校の授業にも追いついて、中間期末テストでしっかり点を取っていきます。


例えば、「方程式が出来ない」
方程式は中学1年の2学期の範囲です。
しかし3学期でも使いますし、2年生でも3年生でも使います。
方程式が出来ないと中学の数学の授業が辛くなってしまいます。

2年生でも3年生になってしまったとしても、出来るだけ早く「急所を押さえ」学習しなくてはいけません。

しかし、今まできつかったはずなのに一旦わかると「こんなモノだったのか」と感じます。
自分の理解度が上がっているからです。
その結果、学校の授業もついていけるようになり、問題を速く解くことが出来て宿題が速く終わり、発言が増えて楽しく感じす


自学自習のコツ

学校の試験で90点以上とるには自学自習が必要となります。

「分からないところは悩み過ぎない」

しかし家で勉強しているとどうしても分からないところに遭遇してしまいます。
時間だけが過ぎてストレスになります。
そして、つまずきを勉強をしない理由にしてしまいます。

解決法は「一旦飛ばす」です。
飛ばして先に進んでしまうのです。
先の問題を解いていると力がついてきます。
戻ったときに、解けるようになっていることもあります。
解けなかったら塾で聞けば簡単に解決できます。

動画で調べるという方法もあります。
分からない所、つまずきポイントは多くの生徒が共有しています。
だから解決動画も多く存在しています。
動画をみて分からないときは塾で聞けば解決できます。



高校生

高校生の授業で特に不安に思う方が多い科目は数学です。
「中学のときは得意だったのに高校生になったらさっぱり」ということをよく耳にされるからだと思います。
高校生の中間テスト期末テストでは大学受験問題が出題されるので平均点は中学生のように高くありません。
しかし理解して進めることが出来れば必ずいい点につながり、受験でも良い結果が出ます。


高校数学
月謝 9,500円[税込]
学習時間 毎週80分授業を週4回
入塾費 0円[税込]
年間教材費
0円[税込]

※月に8回の80分授業になります。

高校生の科目は数学英語、物理、化学です。

2科目学習は月謝18,500円  3科目学習は27,000円です。
数学を週2回(月8回)希望の学生は月謝15,000円

 高校生はこちら






NEWS新着情報

10月1日
2学期 生徒募集 9月から通塾希望の生徒は無料体験をおすすめします
11月6日
キャンペーン 中学1年、中学2年生 数学英語の月謝9,000円(先着5名)
11月8日
期末テスト範囲の指導

個別指導塾ってどんな学習塾なの


「個別指導塾」の特徴は
少人数であるために生徒が質問しやすいという点です。
また一人一人の生徒にあわせて進めていくことが出来きます。
「教科書の予習がやりたい」「前の学年の復習をしたい」など1人1人の生徒の希望に対応できるのが個別指導です。


中学生は教科書をしっかり理解

館林市は本年度から中学生の教科書が大きく変わりました。
そこで改進ゼミ数学館では教科書の理解を深めるために授業でも取り扱っていきます。
しっかりと予習をして学校の授業に臨むと、学校の授業が復習授業にもなってもっとわかることが出来ます。
さらに塾用のテキストも使って中学1年のうちから受験のための考え方も指導しています。

1人1人に対応していく個別指導で、しかもスピーディーに指導するので教科書とテキストの2つの勉強ができるのです。
正しいノートの書き方、解き方、考え方をわかってもらえると、テストでの応用問題の対応もできるようになります。



高校生は課題のスピードを上げる

館林の高校生は群馬県はもちろん、埼玉県や栃木県の学校にも通学しています。
どの高校でも課題が毎日たくさん出題されます。部活をやっているとそれだけで1日があっという間に終わってしまいます。

課題以外の予習復習をする時間をとることが難しくなります。
速く解けるように計算力や読解力を備え付ける必要があります。
小学生や中学生のうちにつけておくことが1番良いのですが、
高校生からでも出来るようになります。

正しいノートの書き方、作図の方法とコツをつかんで上達しましょう。
読解力をつけるコツは考えながら読むことです。
この先どうなるか、何のことかを推理しながら読むことです。
登場人物の心情を考えることも国語だけでなく、英語でも大切です。



塾での学習のこだわり

英語の文法

英語の語順


英語は大切な順に並んでいます。
主語、助動詞、動詞、目的語、場所の副詞、時間の副詞と言った順です。
勉強で英文を日本語にしたり、英語で書く時もこれらを意識してもらいます。

間違いが減ることにもつながりますが、解くのも速くなります。

疑問詞の使い方

Whatやwhereなどを使うと、戸惑ってしまう生徒が多いです。流れを暗記して答えると間違いやすいです。
「疑問詞の後ろは疑問文を作る!」これで解決できます。

中学生のうちに5文型の学習


中学生のうちに5文型の学習高校に入学して初めに習うのが5文型です。しかし中学生のうちに学んだ方が便利でお得です。長文が読みやすくなります。つまり入試で点が取れるようになります。また、並び替えの問題や、熟語の暗記の負担軽減にもつなげることが出来ます。
だから改進ゼミ数学館では早めの5文型学習を行います。

品詞の理解 形容詞 副詞

大きく分けて、名詞を修飾するのが形容詞、名詞以外を修飾するのが副詞です。
こんなの覚えて英語に何の意味があるのかと思われるかもしれません。しかし楽だから覚えるようにしてもらっています。
成績が上がるから理解してもらいます。英作で間違うことが多いのがこの2つです。なんとなく書いていても身につくのが遅くなります。だからしっかり説明していき、大切さも教えていきます。

代名詞のルール

he his him でおなじみの代名詞。ポイントは3番目を置く位置です。
「一般動詞の後ろ」 「前置詞の後ろ」
この2つの後は3番目の形が入ります。私ならme、彼女たちならthemです。


数学の重要なこと

1.作図

数学や物理化学などにおいて作図はとても大切なことです。
川を渡るのに必要な舟のようなものです。
このくらいならと無理にジャンプして川を渡ろうとするとおぼれてしまうこともあります。

作図は料理をするための、まな板のようなものです。手の上で肉や野菜を着てしまうとケガをするように、作図をしないで問題を解こうとすると痛い目に合ってしまいます。

作図をすると考え方が見つかります。
この先に何をしたらよいかが浮き出てきます。道を進む地図のようなものです。迷子にならないように答えにたどり着くためにしっかりと作図を身につけましょう。

2.式の書き方

受験問題や高校生の理系科目で困ることは、式から式への変化がわからなくなることです。
「どこから子の式が来たのか」「なんでこのように変形したのか」
学校でノートをとって見返すと、こういった疑問が出てきます。
これは式を書くことに慣れていないのが原因です。

小学生のときは式を書かなくても答えが出ました。
「二人いました。3人来ました。さて何人でしょう?」

高校の問題では具体的に図を書きます。
人を2人描いて、3人来たとこも描きます。
そうすることで、なぜこの式になったかが一目でわかるからです。

慣れるまでは式のとなりに色ペンで日本語での記入をオススメします。




コロナ対策


1動画の活用
2十分なスペースを
高校生は1クラス3名まで、中学生は4名まで

3換気
冬は寒いかもしれません。上着を持参してください

バナースペース

館林の個別塾 改進ゼミ数学館

〒374-0016
群馬県館林市松原1-7-1

TEL 0276-73-4167